税金対策ナビ - 会社・個人における節約術とは?

 

あなたは、税金対策についてご存知ですか?会社経営者であれば、節税に関する知識はある程度持っていると思います。税理士任せという所も少なくないかもしれませんが、間違った税金対策を行なっていては違法になりかねないので、正しい知識を持って取り組んでいることと思います。

 

ですが、これは会社に限った事ではなく、サラリーマンやパート勤めの主婦であっても税金対策が可能です。せっかく働いて稼いだお給料を出来るだけ多く手元に残す為にも、ぜひ節税に取り組みましょう。もしかすると支払い過ぎていたり、受け取れるものを受け取っていなかったり、場合によっては免税や減税になるケースがありますよ。

 

と言っても、一言に「税金」と言ってもその仕組みは分かりにくく、いわゆるノウハウ本を読むだけでは理解出来ないのが現状です。法律の想定する範囲内で税負担を減少させる事は、法律を詳しく理解しておかなければ難しい事です。では、基本的に税理士と関わりのないサラリーマンやパート勤めの主婦達は、どのように節税に取り組めばいいのでしょうか。

 

そこで、こちらではサラリーマンやパート勤務者にも分かるように税金対策について解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。納税者としての義務を果たした上で、更に節約できる事は何かを考えてみましょう。これは、会社経営者にとっては従業員の事を考えると必要な事であり、サラリーマンやパート勤めの主婦たち個人にとっても重要な事です。よく主婦のパートは扶養内がお得と言われますが、果たして本当にパートはお得なのでしょうか。

 

こちらでは、会社経営者向けの情報と、サラリーマンやパート勤務者など個人向けの情報を掲載しています。住民税や相続税など種類別にも記載しているので、ほとんど知識が無い方でも分かりやすいと思います。特にサラリーマン家庭の場合は、妻の収入がキーポイントとなります。子育て終わりでパート勤めにするか、再就職するかなど、パートと正社員では働き方によって損得があるのでチェックしてみましょう。

 

さて、最近ではサラリーマンや主婦の間で株の投資やFXが人気ですが、株の投資やFXで得た利益も課税対象となる事をご存知でしょうか。よく副業として株を始める方が増えていますが、確定申告をし忘れる事が多く、後により多く納税しなければいけなくなるケースが増えています。これは、申告し忘れによる脱税ですね。株の投資などで儲けた時には忘れずに納税しましょう。

 

ただし、株の投資やFX等による利益が20万円以下の場合は課税対象ではありません。株初心者の場合は株による利益が小額かもしれませんが、株で億単位儲ける方も中にはいます。税金対策には色々な方法がありますが、節約だけでなく株における未払いや滞納をしない事も節税となります。自宅で株の投資やFXを始めている方は、確定申告のし忘れに気を付けましょう。

 

その他、一家に一台と言われる車についても対策が可能です。決して安い買い物とは言えないのが車。ガソリンが高騰している現代の車社会では、車を維持するために少しでも節約したいところですよね。車の購入にも維持にも何らかの課税があります。ですが、車の購入時期や登録時期によってお得になるので、ぜひ税金対策に取り組みましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

税金対策とは?


あなたは、今までに「税金対策」を考えた事はありませんか?

 

そもそも税金対策とは、法を順守した上で租税を過剰に払わなくて済むように正しい知識を身に付け、納める額をできるだけ少なくできるように行動し、しっかりと対策を立てることです。

ところが、税金対策において悪意を込めた行動をとったり、法律に反した行いをしたりすれば、脱税や違法な行為として犯罪とみなされる事があります。

 

そのため、正しい知識をしっかりと学んで上手く始める事が重要になります。

 

そこで、家庭または個人で税金対策を取り組みたいと考えている方は、まず住民税について見直してみてはいかがでしょうか。

 

場合によっては、あなたの家庭で住民税の控除が受けられることもあるからです。

 

新しく車を購入しようと考えている人は、車にどのくらいオプションを付ける予定ですか?

 

車を購入したり車を取得したりする時にかかる租税は、オプションによって高くなりますよね。

 

車の購入代金も税金対策の1つになるので、よく確認しておくといいでしょう。

 

退職金も課税対象になります。

 

退職金についてはかなり控除額が大きいので、その計算方法を確認することが大切です。

 

退職する時期に関しても、きちんと理解して考えておくと良いですよ。

 

ちなみに、きちんと支払わずに滞納すればリスクが二重三重に高まります。

 

特に、事業主の方が滞納すれば会社の破産につながってくるので、しっかりと理解していなければいけません。

 

また、個人事業主の場合はさまざまな控除が認められ、交通費や人件費、賃貸料などは必要経費として認められます。

 

よって、それらを上手く利用して税金対策に役立てていきましょう。

 

取り組む前に行なう事とは?


あなたは、今から税金対策に取り組もうと考えていませんか?

 

余分なものを支払わないようにと、税金対策に興味のある人はきっと少なくないと思います。

ですが、その前にまずは「税金」についてしっかりと理解を深めることが大切ではないでしょうか。

 

一見、“高い”“取られる”という良いイメージが無いかもしれませんが、日々の生活は私達や企業が納める租税などで成り立っています。

 

そのため、イメージの良くないものですが、よく理解する事でマイナスイメージを払拭し、ぜひとも税金対策に役立てていきましょう。

 

税金は、毎日利用している社会資本(道路や橋など)を整備したり、犯罪や災害から財産や生命を守ったり、生活が困難な人を保護したりするなど、私たちが健康的で豊かな生活を送るためにどうしても必要になるものです。

 

これらは、民間の活動だけでは支えることができないことが多く、国や地方公共団体から「公共サービス」として提供されています。

 

その内容は、他にも上下水道の整備、公共施設や学校の維持・管理など、私たちの暮らしに身近な取り組みから、産業の振興や国土の開発など幅広く携わっています。

 

このように、私たちがより良い生活を送るために、国や地方公共団体は多岐にわたる仕事を行っています。

 

しかし、それにはとてもたくさんの費用が必要です。

 

そして、その費用を「税金」という形で私たちが負担しています。

 

それは、社会の一員として毎日暮らしていくために、課さなければならない“会費”のようなものとなっています。

ロイター.co.jp | 国内株式,株式市場,投資信託,投資情報
投資をする人にとってはおなじみの情報ベンダーであるロイター通信の国内株式のページです。
jp.reuters.com/investing/markets